米財務省は16日、2020年会計年度(9月30日まで)の財政赤字が過去最悪の3兆1320億ドルに達したと発表。大規模な新型コロナウイルス対策を導入したことで、これまでの過去最悪だった09年度(1兆4160億ドル)の2倍を超える水準に膨らんだ。

歳出は前年度比2兆1050億ドル増の6兆5500億ドル。増加分のほぼ全てが新型ウイルス対策によるもの。

歳入は430億ドル(約1%)減の3兆4200億ドル。給与保証プログラムなどで雇用が維持されたことで、減少は抑制された。

9月単月の財政赤字は1250億ドル。歳出は前年同月比2060億ドル増の4980億ドル。歳入は約10億ドル減の3730億ドル。個人・法人税収入が減少したものの、連邦準備理事会(FRB)の納入金や物品税収入の増加で相殺された。