WHO(=世界保健機関)によると、16日に報告された一日あたりの新規感染者数はヨーロッパ全体でおよそ15万3000人に達した。各国は規制を強化中。
フランス政府は14日、公衆衛生上の非常事態を宣言し、17日以降、夜間の外出が禁止された。イギリスでも飲食店の夜間営業が禁止。スペインの首都マドリードでは通学や通勤を除く都市の出入りが制限されている。

一方で死者の数は第1波の時よりも低い水準に抑えられている。無症状や軽症の感染者も数多く報告されるようになった結果、“死亡率”は下がっている。