nyg

昨晩のNY金(12月限)は反落。前日比24.9ドル安の1トロイオンス1904.6ドルで終えた。

米追加経済対策の合意期待から株高に転じたが、欧州の新型コロナウイルスの感染再拡大を受けてユーロ安に振れたことが圧迫要因となって戻りを売られた。時間外取引の安値を割り込むと、テクニカル要因の売りが出て一段安となり、1894.2ドルまで下落した。

米国の追加経済対策の協議は継続したが、ペロシ米下院議長が合意しても議会通過は米大統領選後になるとの見方を示したことから、リスク回避のドル高に転じたことも一因。