どの面の都合をとり、どの面の都合を捨てるか、その取捨の差し引きで利害損失を計算するのであります。