ネバダ、ペンシルバニア、ノースカロライナ、ジョージアの4州で勝敗が確定せず、法廷闘争に入り、両候補とも270人に達しないまま12月8日の選出証書の提出期限が過ぎた場合は、修正12条の解釈に沿って、トランプ再選の目もあったが、市場は敗北宣言は時間の問題と見る向きも増えてきそうだ。

米メディアのバイデン当確報道で、法廷闘争に臨めるだけの証拠が揃えることができるのか否か、世論や共和党内での反対意見を抑えて、選挙人確定を12月8日までずれ込ますことができるのか否かが焦点。

選挙不正の決定的な証拠が出てこないと、バイデン大統領を織り込む動きが、週明けの東京市場から出てきそうだ。