東西に分裂し内戦状態のリビアをめぐり、対立する西部の暫定政権と東部が拠点の代表議会などは11日、隣国チュニジアでの和平協議で大統領選と議会選を1年半以内に開く方針で合意。

東西両勢力は10月、リビア全土での恒久停戦に向けた文書に署名したが、これまでも合意した選挙の実施が戦闘激化を受けて何度も先送りされた経緯があり、今回も実効性は不透明。