米気象予報機関(NWS)傘下の気象予報センター(CPC)は12日、ラニーニャ現象が北半球の冬が終わるまで(2021年1〜3月)続く確率を95%、春が終わるまで(3〜5月)続く確率を65%と予測。