国際調査機関のワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)によると7〜9月期のリサイクル量は世界全体で376.1トンと前期比で31%増加。四半期では2012年10〜12月期以来約8年ぶりの高水準となった。

金相場の高止まりや経済低迷で、消費者の売却が増えた。