タイ議会で国王の権限見直しにつながる憲法改正案が否決。

議会では7つの改憲案について採決が行われ、ワチラロンコン国王の役割に関する議論に道を開く内容の議案は否決された。王室に影響を与えない改憲議論を可能にする2つの議案は承認された。

これに対して、若者が主導する反体制デモが数万人規模で実施されている。