tkgmac

 本日の金先限は小反発。MACでは、13日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(6289円)〜HMA(6393円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調継続。

tkgichimoku

 8月高値〜10月安値までの下げ幅に対する半値戻し(6639円)が上値抵抗。
2019年5月安値を起点とした下降チャネル下限割れ。三角保合い下放れが意識されるチャート形状。

tkgrenko

練行足は陰転継続。

tkghl

 20日間高値(11/20:6548円)を上抜けず、反落。20日間に続き、50日間安値も割り込み、弱気感増す。 トレンドフォロー型指標の多くが陰転したと思われる。

tkgbb

ボリンジャーバンドでは、-2σにタッチも、バンドウォーク継続する場合は、逆張りは避けた方が賢明。早々に21MAを回復できない場合、一旦は順張りで下値トライの可能性も。