中国人民銀行(中央銀行)は26日、穏健な金融政策をより柔軟かつ的を絞った形で運営する方針を示した。
大規模な刺激策は行わない方針を改めて表明。

人民銀は第3四半期の金融政策報告書で、マクロレバレッジ比率(マクロ全体の債務水準)を基本的に安定的に維持する意向を示した。債券のデフォルト(債務不履行)リスク防止と処理メカニズムを改善するとした。