一人だけの繁栄はあり得ない。自他ともに生きようと望むところに、共存共栄の花がひらく。