2020年の国内新車販売台数は、前年比11.5%減の459万8615台で、新型コロナウイルス感染拡大の影響により大幅なマイナスとなった。

下落率が10%を超えるのは、東日本大震災があった11年以来9年ぶり。

2年続けて前年水準を下回り、500万台を割り込んだ。