人が見ているからでなく、まずみずからの心に問うて、やましいいところがないかという事が大切。