いかなる事態に立ち至っても、むしろそれを活力の源と化していきたい。