国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は21日、イランの首都テヘランでサレヒ原子力庁長官らと会談した。

グロッシ事務局長は21日、核開発を進めるイランとの協議で、今後最長3カ月は必要な査察と監視を続けることでイラン側と合意したことを明らかにした。

一方で、未申告の核施設などへのIAEAの抜き打ち査察を認めた「追加議定書」の履行について、イランは通知通り23日から停止する。