tkgmac

 本日の金先限は続落。MACでは、2月5日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(5950円)〜HMA(6060円)を上値抵抗とした戻り売り基調継続。

tkgichimoku

 2020年8月高値を起点とした下降チャネル継続。基準線〜転換線が上値抵抗帯。早々に心理的節目6000円を回復できれば、底打ち感が出てくる。心理的節目5900円以下は買い拾われ下ヒゲ形成。押し目買い意欲が見られる。

tkgrenko

 練行足は、陰転。 

tkgbb

バンドウォーク継続。

tkghl

50日間安値更新で多くのトレンドフォロー型指標は陰転中。10日間高値は6161円。20日間高値は6259円。いずれも切り下がる時間に向かう。

TKWEEK52

52週移動平均線は回復できず。2018年8月安値〜2020年8月高値までの上昇に対する38.2%押し(5917円)達成。

コラム「金は底値圏に接近中(ブラックアウト期間の波乱に注意)」も参考下さい。