日銀は金融政策の修正を発表し、原則年6兆円としていた上場投資信託(ETF)の買い入れの目安を撤廃。上限としていた年12兆円は維持した。

同時に「今後、指数構成銘柄が最も多いTOPIXに連動するもののみを買い入れる」と発表。
日経平均連動型のETFは対象から外れることになり、日経平均寄与度の高い銘柄が売り反応。

ETF6兆円の買い入れ目安の撤廃は、ある程度織り込んでいたが、TOPIX連動のみとする方針は、ネガティブサプライズとなった。