バークシャーが円建て社債の発行のため需要調査を始めた。

主幹事はバンカメ、JPモルガン、みずほが務め、発行条件は8日に決まる予定。
償還期限5、10、15、20年の4本立てでの発行予定。

これまでの経緯
2019年9月:5-30年の6本立てで4300億円の円債を発行。
2020年4月:3-40年の7本立てで1955億円の円債を発行。
2020年8月:12ヶ月かけて日本の大手商社5社に投資したと公表。

上記の流れから、
商社への追加投資の有無や、円安ドル高(日米金利差拡大)を見込んだ投資なのか否かなどに注目が集まっている。