米シカゴ連邦準備銀行のエバンズ総裁は7日、最近の10年物米国債利回りの上昇は、経済に対する楽観的な見方とインフレ率上昇への好ましい見方を反映しており、「良いことだ」との見解を示した。

 エバンズ総裁は利回り上昇は「経済がうまくいっている兆候だ」と発言。また、2.5%のインフレは「範囲外」と見なすべきではなく、平均インフレ率を連邦準備制度理事会(FRB)が目標とする2%に引き上げるには、3%のインフレ率でも歓迎すべきだと述べた。