国内景気、基調としては持ち直している
海外経済、総じて見れば回復している

消費者物価は当面、小幅のマイナスで推移するとみられる
予想物価上昇率、横ばい圏内で推移すると考えられる
経済・物価の先行きは不透明感が強い
経済見通し、当面は下振れリスクの方が大きい
物価目標の実現めざし、必要な時点まで現行政策継続
引き続き企業等の資金繰り支援と市場安定に努める
新型コロナの影響注視し必要なら躊躇なく追加緩和
政策金利、現在の水準または下回る推移を想定

当面個人消費は低めの水準で足踏み、緊急事態宣言で
所得から支出への前向きメカニズム徐々に働き始めている
経済のリスク要因顕在化すれば物価に影響の可能性
2021年度の物価見通し、携帯値下げがかなり大きく下押し
携帯値下げ要因なければ物価はプラスに
2%の物価目標の達成は日銀の使命
物価安定目標、何としても達成しなければいけない、最大限の努力を

物価2%実現に時間かかっており残念
大規模緩和、プラス物価上昇率の定着に貢献
持続性・機動性増した現行政策で強力緩和推進
見通し期間超えるが、2%の物価目標は実現できる

長期金利を意図的に変動させることはない
主要国の間の為替レートは極めて狭いレンジで安定
為替安定、金利差より主要中銀が物価2%目指しているため