tkgmac

本日の金先限は、小反発。MACでは、6月7日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(6342円)〜HMA(6476円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調継続。

tkgichimoku

基準線〜転換線が上値抵抗帯。200日移動平均線〜雲の下限が下値支持として機能中。ストキャスティクスは、ゴールデンクロス。まずは雲の上限の攻防戦へ。

tkgrenko

練行足は陰転継続。

tkgbb

ボリンジャーバンドは-2σを大きく抜けたことで、自律反発は入りやすいが、21MAを上値抵抗としたバンドウォーク(戻り売り)形成中。-1σを上抜けるか否かに注目。上抜ければ、底打ちに近づくが、戻りを売られれば、再度、一番底試しも。

tkghl

20日間安値を更新でトレンドフォロー型指標の多くは陰転。10日間・20日間・50日間高値共に6700円台で、トレンドフォロー型売りの手仕舞いは、もうしばらくの日柄が必要。50日間安値は、6068円。

TKG52

週足終値ベースで、52週移動平均線回復。

ただし、マザーマーケットのNY金は、52週移動平均線を24日時点で回復できず。両市場が回復してこないと、底打ち確認とはなり難い。