パウエルFRB議長は上院銀行委員会で証言。インフレが2%を大きく上回る現状は「心地よくない」とした上で、米経済への支援を続ける金融当局のスタンスについて、その正当性を主張した。議長はインフレ急上昇について、中古車価格など限定された分野にとどまっているとし、一過性だとの見通しをあらためて示した。