天然ゴム生産国連合は、2021年の世界需要見通しを6月時点で前年比8.0%増の1386万9000トンと、5月時点の1367万9000トンから上方修正した。

世界銀行が世界経済成長率を5.6%に上方修正したことが背景。

一方、生産量は1381万2000トンと見込まれており、これまでの供給過剰から、需給はほぼ均衡する格好になる。