中国人民解放軍は台湾に近い中国・福建省の沖合で、上陸作戦を想定した陸海軍合同演習を16日に実施したと、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報が18日に報じた。

同紙は米国と「台湾独立勢力」に対する警告と抑止を狙ったものと捉えられるべきだとする、匿名の軍事専門家によるコメントを伝えた。