ノーベル財団のビダル・ヘルゲセン理事長は20日、石油関連企業に出資する投資ファンドに預けていた資産を売却したと明らかにした。

ヘルゲセン氏によると、石油に関する規制が十分でないファンドの資産を売却。金額は約3億5000万スウェーデンクローナ(約44億円)相当に上る。

ヘルゲセン氏は「ノーベル賞のいくつかは科学分野に対してだ。気候変動や持続可能性に関し、科学を信頼するのは当然だ」と指摘。アルフレッド・ノーベルの遺言に基づき賞が創設されたことから、ノーベルの「ビジョン」に沿った投資を目指していると強調した。