ブリンケン米国務長官は1日、日本企業が所有し、イスラエル系企業が運航する石油タンカーが中東オマーン沖で襲撃された事件に関し「入手可能な情報を分析した結果、イランが爆発物を積んだ無人航空機(UAV)を使って攻撃を実施したと確信している」との声明を発表。