CapD20210816_1

雇用統計ショックで急落した金相場だが、週末のミシガン信頼感指数を受けて、反対に米金利低下・ドル売り・金買いの動き。

nyg10

米金利は雇用統計以降、上昇したとは言え、あくまで下降チャネル内での戻りに過ぎない。

NYは8/9日の長い下ヒゲ安値が大底候補。今後、戻りを売られても、同水準を割り込まなければ、だブルボトムや三角もち合いを形成しながら日柄を稼ぎ、いずれ上放れると見る。

先週のお客様向けレポート「週間展望(8/9)」で「短期筋によるリスク回避等に伴う金の安値は、中長期的な買い場を提供することになると考える。NYが終値ベースで3月安値を維持する間は、安値売込みは避けたい」と指摘、8/10付当欄でも「連休明けの東京市場も売り先行で始まりそうだが、安値売込みは避けたいと考える。」と指摘済。