2021年度のインドのガソリン需要は、過去最高水準に達する見通し。

格付け大手ムーディーズのインド部門ICRAは、21年度の同国ガソリン消費を前年度比14%増の3190万トン(日量73万9000バレル)と予想。

石油コンサルタント会社FGEも、同国ガソリン需要は前年度から11%増加するとの見方を示した。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い実施された数カ月に及ぶ規制の緩和後は、燃料価格が過去最高水準であるにもかかわらず、安全への配慮から電車やバス、飛行機を避けて自動車を購入する人が増えている。自家用車で移動する人々が観光地にも殺到している。

インド自動車工業会(SIAM)によると、7月の自動車販売台数は26万4442台と、前年比45%増だった。