ゴールドマン・サックス証券の8日付リポートで、年末に向けた一段高を見通した。

自民党の総裁選については、河野太郎行政改革担当相が勝利するケースが最もマーケットから好感される可能性が高いと指摘。衆院選での自民党の獲得議席の上積み期待に加え、再生可能エネルギーの利用促進や、デジタル化の推進の姿勢がポジティブに受け止められるとした。


本日、河野太郎ワクチン担当相が午後に総裁選への出馬を表明する予定となっており、これを前場の日経225上昇の一因と、とらえる向きも。