ジャンピエール米大統領副報道官は13日、北朝鮮が新型の長距離巡航ミサイル発射実験に成功したと発表したことについて、「朝鮮半島の完全な非核化という目標に向け、北朝鮮に関与する用意があるとする米国の姿勢は変わらない」と述べた。

「いつでも、どこでも、前提条件なしで(北朝鮮側と)会うという提案は変わらない」と述べ、引き続き外交を通じた事態打開を目指す方針を明確にした。