北朝鮮の金与正党副部長は15日、韓国の文在寅大統領が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を視察した後に「ミサイル戦力の増強こそ北の挑発に対する確実な抑止力になり得る」と述べたことを非難し、南北関係を完全に破壊しかねないと警告。

金与正氏は朝鮮中央通信を通じて出した談話で、「一国の大統領として愚かこの上ない」と批判。「大統領までが出てきて(われわれを)けなすなら、仕方なく相応の行動を取らざるを得ず、そうなれば北南(南北)関係は完全に破壊に至るだろう」と警告した。


この日、韓国は独自開発したSLBMの潜水艦からの発射実験に初めて成功。SLBMの潜水艦発射実験の成功は世界で7番目となる。