中国人民銀行(中央銀行)は24日、暗号資産(仮想通貨)の取引を全面的に禁止する方針を発表。

金融機関や決済サービス企業、インターネット企業が暗号資産関連の業務を行うことを禁じる。
「デジタル人民元」の正式発行を間近に控え、暗号資産の締め出しをさらに強化する。

暗号資産は法定通貨ではないとして、市場での流通・使用を禁止するほか、海外の取引所がオンラインで国内の投資家にサービスを提供することも禁じる。通知には刑事責任の追及も盛り込まれた。