ドイツ連邦議会(下院)選挙は26日、投開票された。

暫定開票結果によると、社民党が僅差でメルケル首相が所属するキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)を上回り第1党となった。社民党は16年ぶりに第1党となるが、過半数には及ばず、誰が後継首相になるかは連立協議次第。

次の首相になるには連邦議会で過半数の支持を得る必要がある。

有力な選択肢のひとつは社民党、緑の党、自由民主党による連立で、各党のシンボルカラーが赤、緑、黄であるため「信号連立」と呼ばれる。もう一つは、CDU・CSU、緑の党、自由民主党の連立。

連立交渉がうまく進まなかった場合には、現在と同じCDU・CSUと社民党による大連立の維持も選択肢となる。