日銀は29日、上場投資信託(ETF)買い入れオペレーションを実施。購入額は701億円。
日銀がETFの買いオペを実施するのは6月21日以来。

日銀は今年3月に行った「政策点検」で、年間6兆円としていたETFの買い入れ目標を廃止。
株価が急落した場合に限って購入するなど基準を厳格化した。

日銀による4月以降の買い入れは3回、計2103億円にとどまっている。