財新マークイットの9月中国製造業購買担当者景況指数(PMI)は50.0に上昇し、2カ月ぶりに景気の拡大・縮小を判断する節目の50を回復した。

財新は、製造業の供給は縮小が続く一方、需要は改善したと指摘。新規輸出受注や就業は一段と低下し、インフレ圧力は依然として強まっているとした。