岸田文雄総裁は次期衆院選の日程を10月19日公示―31日投開票とする意向を固めた。衆院解散は各党代表質問を実施した後の14日が軸となる見込み。岸田氏は4日夜の首相就任後の記者会見で表明する。

投開票日は11月7日か14日になるとの見方が広がっていたが、31日投開票は想定されていた選択肢で最も早い日程になる。