WTO貿易予測


 世界貿易機関(WTO)は4日、2021年の世界貿易量は前年比10.8%増加するとの新たな予測を発表した。
新型コロナウイルスのワクチン接種の進展により、世界経済は想定を上回るペースで回復しているとして、3月末に示した8.0%増から上方修正した。ただ、地域によってばらつきがあると懸念も示した。

 22年の予測も4.7%増と、0.7ポイント引き上げ、コロナ前の長期的な上昇トレンドに戻るとみている。20年の貿易量は5.3%減だった。