南アフリカ最大の金属労組、南ア金属労働者組合(NUMSA)は5日、エンジニアリング部門の賃上げを求め、無期限ストライキを開始した。

ストが他部門に広がり、自動車製造向けの部品供給にも影響が及ぶ恐れがある。

NUMSAは初年度に一律で8%の賃上げと、その後の2年はインフレ率プラス2%相当の賃上げを要求していた。インフレ率は現在約5%となっている。


ストが長期化・拡大すると、PGM系に影響が出る可能性も。