ロシアのプーチン大統領、ドイツのメルケル首相、フランスのマクロン大統領は11日、電話会談を行い、ウクライナ東部情勢の「複雑化」を受け「連携を緊密化する」ため早急に協議するようそれぞれの外相に指示した。