国際通貨基金(IMF)理事会は11日、世界銀行の「ビジネス環境ランキング」で中国の順位が不正に操作された疑惑をめぐる調査を実施した結果、ゲオルギエワIMF専務理事が不適切な役割を果たしたことを決定づけるものはなかったとする声明を発表。