米議会下院は12日、連邦政府の借り入れ限度を定めた「債務上限」を12月3日まで一時的に引き上げる法案の採決を始めた。法案は先週、上院を通過。

下院でも可決されれば、バイデン大統領の署名を経て成立し、米国のデフォルト(債務不履行)が当面回避される見通し。