EIA

米エネルギー情報局(EIA)短期エネルギー見通し(STEO)で、2021年の米天然ガス生産量と消費量を9月時点の見通しから上向き改定した。

21年の天然ガス生産量見通しは925億5000万立方フィートと、9月予想(921億8000万立方フィート)から引き上げた。20年は914億9000万立方フィートだった。

22年については964億1000万立方フィートと予想。これは、過去最高となった19年の928億7000万立方メートルを上回る。

 一方、21年の国内のガス消費量見通しは832億3000万立方フィートと、9月予想の825億4000万立方フィートから上方修正した。22年は825億9000万立方フィートと予測。20年は832億5000万立方フィート。