日本の国債暴落説で有名だったカイル・バス氏のファンド運営会社ヘイマン・キャピタル・マネジメントは、香港ドルの下落に賭ける投資が失敗して巨額の損失を被ったと報じられている。