ゴールドマン・サックスは顧客向けアナリストノートで、来年は石油から通貨から金利スワップに至るまで、インフレ上昇見込みに賭ける取引で最も利益が得られると予想した。

最近のインフレ率の変動などを考慮すると、インフレを巡る現在の状況は来年まで十分に続くとみられるとし、「市場はインフレリスクプレミアムの上乗せを要求し始める」との見方を示した。


中国経済への懸念は来年を通じてあらゆる市場のメインテーマになるとも予想。