無為にだらしない生き方をするより真剣に生きるほうが、たとえ短命でも値打ちがあります。