中国国家発展改革委員会(発改委)は16日、天然ガスは需給バランスが辛うじて保たれている状態のため、一部の地域は冬の需要ピーク時に供給が引き締まる恐れがあるとの見解を示した。一方、石炭は安定的な供給が確保される見通しだとした。


中国石油天然ガス集団(CNPC)CNPET.UL、中国石油化工(シノペック)、中国海洋石油集団(CNOOC)などの国有石油大手は先週、同国北東部が寒波に見舞われたことを受け、パイプラインや地下貯蔵施設のガス在庫を取り崩して対応した。