韓国産業通商資源省の高官は18日、米国から石油備蓄を放出するよう要請があったことを確認した。

同高官は「米国の要請について慎重に検討しているが、価格が上昇したからといって石油備蓄を放出することはない」と語った。「需給の不均衡が生じた場合には、石油備蓄を放出することもあり得るが、価格上昇に対応するためではない」と説明。

韓国の現在の石油備蓄量は9700万バレルで106日分に相当すると明らかにした。