米ニューヨーク連邦準備銀行のウィリアムズ総裁は18日、米国でのインフレ率の高まりに関し、「明らかに基調的なインフレ率の上昇がみられる。注意深く観察している」と述べた。
経済活動の再開による需要増やサプライチェーン(供給網)混乱など「一時的」要因を主に反映したものだとする従来のスタンスを維持しつつも、インフレ加速への警戒感を示した。

ウィリアムズ氏は、従来の説明を繰り返す一方、「より幅広い分野でインフレ率上昇がみられる」とも指摘。その一つとして、持続的な物価上昇につながりやすい家賃を挙げた。

また、短期、中期のインフレ期待の上昇については、新型コロナウイルス危機前から期待インフレ率が低迷していた点に触れ、「ポジティブな展開だ」と説明した。ただ、「長期のインフレ期待が大きく動ことは望まない」と話し、2%の物価目標にしっかりと固定する重要性を強調した。