米ホワイトハウスは19日、「OPECプラス」に対し、十分な原油供給量を維持するよう再度要請した。

ホワイトハウスのサキ報道官は、米政府は「OPEC加盟各国やOPEC全体から、需要を満たすだけの適切な供給を確保したい」との姿勢を表明。「これまでも彼らにはそう求めてきた」と述べた。

同報道官は18日、米政府が中国を含む広範な国に対し、協調的な石油備蓄放出を打診したことを明らかにしている。